巻き爪治療4つの矯正法(自費治療)

いずれも痛みなく治療できます。治療直後から痛みが無くなります。(自費診療)

巻き爪クリップ(販売のみ)

利点:痛い時に自分で装着できる。
欠点:爪を伸ばす必要がある。やや矯正力が弱い。
診察の上、装着方法を指導させていただきます。

マチワイヤ

利点:矯正力が強い。部分矯正できる。
欠点:爪を伸ばす必要がある。ワイヤーが当たることがある。

VHO

利点:爪を延ばさずに治療できる。爪母に近い部位で矯正する。
欠点:爪の形によっては直ぐに治療できない場合がある。

人工爪“ナオルン”

痛みの原因になっている爪を切除し、人工の爪を作成します。
利点:痛みが直後からなくなり、ガーゼやテーピング、軟膏処置などが不用です。
欠点:自爪の伸びに合わせて、追加処置が必要です(1―2ヶ月ごと)。

保険治療による陥入爪治療

どのような手術ですか
くい込んでいる部分の爪を約3-5ミリの幅で根元から切り取り、その直後に根元に薬を塗ります。
薬を塗ることによって、同じ部位に爪が生えてこないようにします。
手術は痛くありませんか
局所麻酔をしますので、手術中は痛くありません。
麻酔が効いているのを確認してから手術を行います。
麻酔は痛くありませんか
指の根元に麻酔する伝達麻酔です。
爪の部分に直接麻酔よりも遙かに少ない痛みで麻酔がかかります。
手術時間はどれぐらいですか
麻酔がかかるまでが10分から20分、手術そのものは7ー8分です。
手術15分後ぐらいに出血のチェックを行います。
手術の日の履き物は?
ゆびにガーゼを巻きますので、サンダルかスリッパでおいでください。
翌日から電車通勤は可能ですか
可能です。ガーゼを巻かれたゆびが圧迫されないように、サンダルなどで出かけられる方が良いでしょう。
入浴はいつから可能ですか
ビニール袋などで覆って、お湯につけないようにすれば当日から可能です(転ばないように注意してください)。
傷の治りが順調でしたら、翌日からシャワーをかけても大丈夫です。