皮膚科

しっしん、むしさされ、
アトピー性皮膚炎

「かゆい」症状がある場合は、かゆみがきちんと止まるようにすることが大切です。
ステロイド治療を行う場合は、短期間できちんと効くものを処方します。
ステロイドは、よく効くのですが、やめ方を工夫しなければいけない場合もあります。
また、ステロイドを使うべきではない湿疹もあります。
ステロイドをやめるとすぐ再発する場合は、ステロイド以外の治療法をご提案します。

いぼ

主に、液体窒素で治療を行います。
液体窒素でなかなか治癒しない場合は、塗り薬と液体窒素の併用で治癒することもあります。
足裏のイボの場合、治療が進むにつれ、その部分の皮膚が硬くなりますので、少しずつ削りながら治療してゆきます。

水虫

水虫が本当にいるかどうかの診断が一番大切です。
実際には水虫ではないのに、水虫の薬を塗ったために、かえって皮膚炎がひどくなっている方をよくお見かけします。
顕微鏡で水虫がいるかどうかを診断した上で、治療を行います。

爪水虫

爪が厚くなると、爪水虫の可能性を考えます。
しかし、厚い爪全部が爪水虫とは限りません。
外傷性変形や、他の疾患の場合もあります。爪水虫ではないのに治療しても、治らないばかりか、意味のない内服薬を長期にわたって服用することになります。
かならず、水虫が存在することを検査して確認の上、治療を開始しましょう。

肌荒れ

季節の変わり目などに、お顔に湿疹ができ、そのまま治らない場合があります。
女性患者さんの場合、普段のお化粧品が悪化の原因になることもあります。
単に治すお薬を塗るだけではなく、日常の注意についてもきちんと指導を受けましょう。

手荒れ

手は毎日よく使う部位ですので、いったん荒れるとなかなかすぐには治りません。
水を使ったあとは、やわらかいタオルでふき取り、必ずハンドクリームを塗ること、夜の間にあかぎれを治す治療をすることなどを心がけましょう。

にきび

青春のシンボルとも言われますが、最近は20歳前半の女性のニキビが増えています。
また、年齢が高くなると、生理前のニキビには悩まされます。
いろいろなタイプのニキビにふさわしい治療を提案いたします。

診療時間・臨時休診はTOPページをご確認ください。


  • スーパーサミット千歳台店向い
  • 医院の1階は「たんぽぽ薬局」です
  • Googleマップはこちら
  • 休診日:水曜日・祭日

    日曜日:午後のみ診療します

    土曜日:午前・午後ともに診療します

    曜日により診療時間が異なりますのでご注意ください

    皮膚の歳時記