シミ治療

昔は、「シミは取れないもの」と思われていましたが、今では、ほとんどのシミが取れるか、薄くなります。
当院では、皆さんが前向きに日々を送るための大切なお手伝いとして、リーズナブルな料金でシミ治療をご提供させていただきます。
 
当院では、長年のシミ治療の経験から、お一人お一人のシミにもっともふさわしい治療をお選びするとともに、無理のない方法をご提案いたします。

シミのレーザー治療

当院のNIIC社製 Q-スイッチルビーレーザーは、シミ治療のレーザーとしては日本で最大シェアを誇り、信頼性の非常に高いレーザーです。
このレーザーでは、主に老人性シミやそばかすを取ることが出来ます。(老人性シミの中でも厚みのあるものは炭酸ガスレーザーで治療するほうがよい場合もあります。)
また、生まれつきのあざには保険が適用されます。

レーザー治療の注意点

  • レーザー治療時は、輪ゴムがはじけるような痛みがあります。通常、我慢できる程度ですが、痛みに弱い方は、麻酔のテープを1時間貼り、痛みを和らげる方法もあります。
  • レーザーの当てた場所は、翌日には黒っぽくなり、次第にカサブタになります。カサブタをご自分で取らないように気をつけてください。カサブタは4-14日で自然にはがれます。その後、日焼けをしないように気をつけてください。
  • 日焼けに気をつけていても、カサブタが取れた1-2週後から少し黒くなることがあります。これはレーザー後の色素沈着で、体質によって起こりやすいばあいがあります。色素沈着は自然に薄くなりますので、あわてずに、薄くなるのを待ってください。色素沈着を早めに取るためには、ビタミンCローションやケミカルピーリング、イオン導入が良いでしょう。
  • レーザー治療に向いているシミとは、輪郭がはっきりとしているシミです。色が非常に黒いシミは、皮膚がんの可能性もありますので、検査が必要な場合もあります。

レーザー治療で保険適用の疾患  

  • 太田母斑
  • 異所性蒙古斑
  • 扁平母斑
  • 外傷後色素沈着

レーザー後の色素沈着が長引く可能性がある   

  • 肝斑
  • 遅発性太田母斑
  • 一部の扁平母斑
  • 日焼け後に赤くならない体質

ケミカルピーリング

レーザーは、輪郭がぼやけているしみや、くすみ・肝斑には不向きな治療です。
このような場合には、ケミカルピーリングとハイドロキノン外用をお勧めいたします。

 内服治療

昔から美白に効果のある内服薬として、ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸があります。
とくに、くすみや肝斑治療に効果があります。
体調のためにも良いお薬ですので、ケミカルピーリングなど併用してお使いください。ハイドロキノンについて

ハイドロキノンは、外用薬の中で最も高い美白効果を有します。
ハイドロキノンはメラニンを作らせないようにする作用で色を白くします。
すでにある色素を漂白するわけではありません。
ハイドロキノンを有効に使うためには、ケミカルピーリングやトレチノインなど、ターンオーバーを高める治療を併用するほうが良いでしょう。

トレチノインとハイドロキノン

私は平成9年ごろからレチノイン酸とハイドロキノンによるシミ治療を積極的に行っておりました。
 
トレチノイン・ハイドロキノン治療は、老人性シミ・肝斑・そばかす・くすみ・にきびなど多くのシミに有効な万能選手ともいえます。
さらに、小じわが取れて、若干お肌が若返ったような感じになります。
しかし、使いづらく面倒な点もあり、シミ治療初心者の方には高濃度のトレチノイン治療は難しいと感じます。
 
当院では、レーザー、トレチノイン治療、ピーリングについて、効果と使いやすさなど比較した結果、次のような位置づけを考えています。

  ルビーレーザー トレチノイン
+ハイドロキノン
ケミカルピーリング
+ハイドロキノン
老人性シミ ○(高濃度) ×
そばかす ○(高濃度・低濃度)
肝斑 × ○(主に低濃度)
くすみ × ○(低濃度)

トレチノイン治療では、皮膚が赤くなり、皮剥けをおこします。
赤み・皮剥けがおこるタイミングと程度は非常に個人差が大きいため、高濃度トレチノイン治療では、1週間おきの通院が必要です。
治療に慣れると通院回数は減ります。
治療の仕組みを理解された方は、ご自身が主導して治療を進めてゆくことが出来ますので、便利なお薬といえます。
シミにこだわりを持つ方ならば一度お考えになっても良いかもしれません。
ただし催奇形性がありますので、妊娠中あるいは近々妊娠を予定していらっしゃる方はご使用できません。
 
老人性シミとそばかすの治療はレーザーが中心ですので、当院では肝斑・くすみ取りを目的とした低濃度トレチノインをご用意しております。

トレチノインしみ治療の新しい考え方

化粧品感覚でしみ・くすみ・肝斑を消せる、メラフェードの取り扱いを開始しました。
メラフェードは医師の診察・処方が必要です。

化粧品感覚でしみ・くすみ・肝斑を消せます

  • メラフェードは、皮膚の再生を促進させる「トレチノイン」とシミの原因であるメラノサイトを抑制する「ハイドロキノン」が1本のローションになった薬剤です。
  • 肌の赤みや剥離と言った不快感を抑えながら治療します。
  • メラフェードTシリーズは、原液+薄め液+美白・保湿剤の3本でセットとなっております。毎日のスキンケアとして日常の生活の中でお使いいただきます。
  • 通常、使用開始後、約3週間で効果を実感していただけます。

他の化粧品との併用

  • メラフェードTシリーズには保湿・美容液成分が含まれていますので、本品ご使用中は、基本的に他のスキンケア化粧品は不要です。(お気に入りの化粧品と併用することも可能です。)

使用上のご注意

  • 糖尿病の方、妊婦の方にはお使いいただけません。
    メラフェードTは化粧品感覚でお使いいただけるのが特徴ですが、処方医薬品ですので、医師の診察・処方が必要です。
  • メラフェードは、皮膚の再生を促進させる「トレチノイン」とシミの原因であるメラノサイトを抑制する「ハイドロキノン」が1本のローションになった薬剤です。

価格

メラフェードTの価格をご覧ください

診療時間・臨時休診はTOPページをご確認ください。


  • スーパーサミット千歳台店向い
  • 医院の1階は「たんぽぽ薬局」です
  • Googleマップはこちら
  • 休診日:水曜日・祭日

    日曜日:午後のみ診療します

    土曜日:午前・午後ともに診療します

    曜日により診療時間が異なりますのでご注意ください

    皮膚の歳時記