ホクロと皮膚ガン

ホクロの治療」は非常に奥が深い分野です。
「ホクロがレーザーで簡単に取れる!」という美容外科の広告をあちこちで見かけますが、ぜひ、「簡単に取れるホクロもある」程度に訂正していただきたいものです。

なぜ奥深いか。まず、「ホクロ」と言われるもののバリエーションが非常に多いことです。
先天性と後天性のもの。膨らんでいるものや平らなもの。色にも、黒、茶色、無色など様々です。しかも、悪性の「皮膚ガン」も、見た目は「ホクロ」の顔をしていることがあります。ホクロ治療を始める前には、何といっても「悪性かどうか」を診断する必要があります。

ホクロはシミと違って「根が深い」ことが特徴です。
ホクロを徹底的に治療するためには、皮膚を深くまで削る必要があります。しかし、深くまで削ると、ホクロは取れるけれども、凹みや傷痕ができてしまいます。いかに、傷痕を目立たせないようにホクロを取るか、これが技術者側の最大のテーマです。

当院では2010年の8月よりホクロ治療にエルビウムヤグレーザーを導入しました。今までの炭酸ガスレーザーに比べて、ホクロがすっきり取れ、凹みの傷あとが目立たないレーザーです。エルビウムヤグレーザーはまだ普及していないレーザーですが、ホクロをきれいに取るために、とても役に立つレーザーです。

 

ホクロと皮膚ガン~皮膚ガンかどうかをどうやって判断するか

 ホクロを放っておくとガンになる?

現在のは、「ホクロ」は「皮膚ガン」と起源が全く違うものであり、ホクロがガンになることはない、という考え方が主流です。むしろ問題になるのは、一見ホクロに見えるガンをガンとして治療しなかった場合です。

こんな症状には注意してください

  • 今までなかったほくろやシミが出来て、大きくなった場合。
  • 子供のころからあったほくろが大きくなったり、色・形に変化がある場合。
  • 色が非常に濃い、形がゆがんでいる、色の染み出しがある、などの場合。

皮膚ガンの可能性が高い場合は、まずダーモスコープという特殊な器具で診断を行います。より確実な診断のために、検査を兼ねた小手術を行う場合もあります。皮膚ガンの疑いがあるホクロ治療は、保険適応です。

ホクロ治療にかかる費用

保険適応の場合と自費の場合があります。美容目的の場合は自費診療となります。

保険診療(3割負担:2010年3月の価格)

  • 初診料  820円  
  • 術前検査料 1050円
  • 手術料金(良性の場合) 約5000円
  • 病理診断料  3100円
  • その他、再診料、投薬料などが必要です

自費診療

  • 初診相談料 2000円
  • レーザー初回施術料 3000円
  • 炭酸ガスレーザーおよびエルビウムヤグレーザー  1個1回 4000円、
  • ルビーレーザー1個1回 500円

ホクロ治療は、断面を考えながら治療手段を決定する

上の図は、いろいろなホクロの断面イメージです。年齢に従って矢印の方向へ成長するホクロもあります。
単純黒子と言われる、小さいホクロ(A)は、皮膚の浅い位置にありますので、Q-スイッチルビーレーザーで最小限の皮膚ダメージで取ることができます。

Bは単純黒子よりも若干深くなりますが、面積が小さいので、炭酸ガスレーザーやエルビウムヤグレーザーでも傷痕があまり気になりません。
Q-スイッチルビーレーザーを2,3回繰り返す治療も可能です。

治療が一番難しいのは、C,D,Eのように、皮膚の中に色素が大きく食い込んでいるホクロです。従来、このようなホクロを炭酸ガスレーザーで治療を行う場合、へこみを生じさせないために複数回の治療になることが多かったのですが、エルビウムヤグレーザーの登場によって、治療回数を減らすことが出来るようになりました。
膨らんだホクロ(図のF,G)は隆起部だけ炭酸ガスレーザーで切除すると殆ど分からなくなります。また、切除した部分を病理検査に提出し、悪性かどうかの確認を行うことができます。ただし、色のない白いホクロ細胞が体に残ります。

下図は、F,Gタイプを炭酸ガスレーザーで治療する時のイメージです。赤い線はレーザーで切除するラインです。
隆起部が小さい場合は、隆起部を蒸散させますので、病理検査はできません。病理検査が必要な場合は手術となります。

レーザーよりも手術をお勧めするホクロ

  1. ガンの可能性が高い場合
  2. 青色母斑
  3. 手術のほうがきれいになる
  1. は検査を兼ねた治療ですので、手術が好ましいことは言うまでもありません。
  2. は青みがかってぼやけた感じのホクロです。手術をお勧めする理由は、非常に深い部分まであるホクロなので、レーザーで取りきれないことと、皮膚ガンの可能性が若干高いホクロであることです。
  3. 炭酸ガスレーザーの利点は、手軽さと出血しない点です。この2点は「痕がきれいになる」ことと直接関係はありません。ホクロの性質によっては、手術のほうが痕がきれいになる場合があります。

意外ときれいになる、手術治療

C-Gタイプのホクロの場合、手術治療のほうがきれいになる場合があります。
小さなほくろには・・丸く切り取る生検用の道具できれいに切り取り、適切なアフターケアを行うと、へこみの回復もスムーズです。
大きなほくろには・・シワが出来ているところのホクロは、シワに合わせて直線に縫う治療を行うと、痕はシワにまぎれて目立たなくなります。

最新のホクロ治療:エルビウムヤグレーザー

2010年7月から導入したエルビウムヤグレーザーは、組織の損傷が少なく、傷の治りが早いため、より理想的な仕上がりとなります。今まで、皮膚の小さいデキモノ治療の主役は炭酸ガスレーザーでしたが、これからは、より優れた治療手段であるエルビウムヤグレーザーが主役となることでしょう。

エルビウムヤグレーザーについては院長のブログ『レーザー閑話』も併せてお読みください。

診療時間・臨時休診はTOPページをご確認ください。


  • スーパーサミット千歳台店向い
  • 医院の1階は「たんぽぽ薬局」です
  • Googleマップはこちら
  • 休診日:水曜日・祭日

    日曜日:午後のみ診療します

    土曜日:午前・午後ともに診療します

    曜日により診療時間が異なりますのでご注意ください

    皮膚の歳時記