ほくろ、いぼ、ブツブツの治療

顔にできるブツブツ(小腫瘍)をとってすっきりと

顔をすっきりさせたい、と望んでいらっしゃる方に対して、お勧めしたい治療の一つは、ホクロ・イボ・ブツブツの治療です。治療技術やレーザーの進化により、ホクロ・イボ・ブツブツなど小腫瘤は、ただ「取れる」だけでなく、痕が目立たない治療ができるようになりました。

治療の前に重要なのは、診断です。

小腫瘤の種類によって治療のやり方や、きれいになる程度が変わります。

また、小腫瘤の中に、皮膚がんが混じっている場合があります。治療前にダーモスコピーで診断を行い、必要に応じて確認の病理検査を行うことで、皮膚がんを早期発見・早期治療を行うことができます。

ホクロ・ブツブツなど、小腫瘤の治療は、誰が見ても結果がわかる、明快な治療です。お悩みの方は是非お声をかけてください。

いろいろな小腫瘍に適した取り方

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは、少しざらつきのある、イボのようなぶつぶつです。顔にも体にもできます。放っておくとかなり大きくなることがあります。浅い腫瘍ですので、除去後は傷跡となりません。 保険治療では、液体窒素で治療します。自費診療ではエルビウムヤグレーザーを使用します。レーザー治療では、色素沈着が少なく、早くきれいになります。

ホクロ

ホクロには、後天性のものと先天性のものがあります。

後天性のホクロ

顔の後天性ホクロをきれいに治療したい方には、「縫わない治療・オープントリートメント」をお勧めします。後天性ホクロの多くは、真皮の深さまでのホクロです。治療のあとはかなり正常皮膚に近い状態になります。やや深いホクロの場合、2回に分けて治療することがあります。非常に深いタイプのホクロでは、手術後に丸い傷跡が残ることがあります。 美容目的でなく、保険で治療する場合は切除縫合を行います。この場合は線の傷が残ります。

体のホクロ

体のホクロは、顔のホクロと構造が違います。治療した痕が白く残る場合があります。切除縫合のほうがきれいになる場合があります。

先天性のホクロ

先天性のホクロは根が深いのが特徴です。「縫わない治療」ではあまりきれいになりません。保険診療の場合は切除縫合、自費診療ではルビーレーザーなどで治療します。

汗管腫

目の周りに多発する、皮膚と同じ色のプツプツです。米粒大の大きさですが、つながって大きな塊を作ることもあります。 当院ではエルビウムヤグレーザーでオープントリートメントを行います。 詳しくは汗管腫のページをご覧ください。

脂腺増殖症

淡黄色~淡いピンク色、ややデコボコし、中央におへそがある腫瘍です。脂性肌の方にできやすい傾向があります。ほくろの治療と同様、オープントリートメントを行います。脂腺増殖症はボリュームが大きいので、全部除去すると凹みができますので、多少腫瘍が残っても、平らになることを目指して治療を行います。

老人性血管腫

「赤いホクロ」と表現される場合もあります。膨らんだ血管が入っています。炭酸ガスレーザーで出血を止めながら治療します。

稗粒腫・軟毛嚢腫

つやのある半円形の小腫瘤です。 稗粒腫には白い垢が詰まっており、軟毛嚢腫には黄色っぽい脂が入っています。 稗粒腫は保険治療では針で刺して中身を出すだけですが、自費診療ではレーザーを用いて再発予防ができます。

診療時間・臨時休診はTOPページをご確認ください。


  • スーパーサミット千歳台店向い
  • 医院の1階は「たんぽぽ薬局」です
  • Googleマップはこちら
  • 休診日:日曜日・水曜日・祭日

    土曜日:午前・午後ともに診療します

    曜日により診療時間が異なりますのでご注意ください